実現力を育てる

オーロラが見たいと子どもに言われて
すぐ連れてってあげられる親は少ないかもしれない。

だけどピクニックだったら?近所の公園だったら?

 

できることをすぐ実現してあげる親と

あれこれ理由をつけてやらない親。
どちらの元で育つかで

子どもの実現力の育成には大きな違いができてしまう。

実現してあげられない時もどうしたら実現できるか
一緒に考えてあげればいい。

 

代案を教えることも時にはいいけれど
いつも代案では人生をあやふやにすることを教えているのと同じ。

親は子どもに人生との接し方をよくも悪くも教えている。

子どもがいる人もいない人も
どんな生き方を伝えたいか?伝えられるか?考えてみよう!