本当はみんな 軽やかに旅立っていくんだろうな ウララカ - 大瀧詠一